ストレス解消と睡眠時間の関係。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


健康維持のために大事になってくる事の1つにストレスをためない事があります。ストレスは多くの人がたまってしまうものですが、ためすぎると病気の原因になってしまう可能性があります。

また、ストレスによって体調が少し崩れてしまったり、免疫力に影響が出てしまったりなどマイナス要素が何かと多いですので、うまく解消していく事が必要です。ストレスを解消するためには、自分の楽しい趣味を見つけて仕事が休みの時には好きな趣味をして日ごろのストレスを解消する方法があります。

また、睡眠も大事になるので、あまり睡眠不足にならないように十分に体を休める事も大事です。ストレスは、仕事や恋愛、人間関係などさまざまな事でたまりやすいですので、自分がストレスを感じてきていると思った場合は、ストレス解消に力を入れる必要があります。

特にストレスがたまりやすい体質の人は、適度にストレスを解消しなければすぐにストレスがたまってしまう傾向が強いですので、より注意しなければいけないです。また、引っ越しなど住む環境が変わればストレスは一時的にたまりやすい傾向にあるので環境が変わった場合も注意する必要があります。

ストレスをうまく解消していけば病気のリスクを低くする事ができます。

また皆さんの睡眠時間は何時間程度でしょうか。実は、睡眠時間は長すぎても短すぎても長生きできないということが調査によって分かっています。

まず、睡眠時間が短すぎる場合。睡眠時間が6時間未満だと、心不全や心臓発作のリスクが1.5倍から2倍程度になるといわれています。これは、睡眠不足だと体に疲労が蓄積して、血圧のバランスなどを崩す為であるといわれています。また、睡眠時間が長くても眠りが浅い人にはこの傾向があるようです。

では、睡眠時間が長いとどうなるのでしょうか。実は統計によって睡眠時間が8時間以上だと心臓発作を起こす確率が高い、ということが分かっています。特に60歳以上の方にこの傾向は顕著なので、該当する方はより一層気を付けてください。

この原因はまだはっきりとは分かっていませんが、長時間身体を水平に維持していることが健康に悪いのではないか、と言われています。加えて、睡眠時間が長すぎると平均した眠りが浅くなる、という研究結果もあります。結果として頭がぼんやりする、頭痛がするなどの悪影響が生じる可能性があります。

これらの研究結果より、睡眠時間は7時間から7時間半が最も良いといわれています。勿論、十分深い睡眠を得られていなければその範囲の睡眠時間でも健康にはよくありません。朝日を浴びるだけでその日の眠りは深くなるという研究結果もありますので、長く寝るより早起きして太陽の光を浴びましょう!

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする