タバコを吸わない事が何よりの健康維持

スポンサードリンク




健康維持のために大事になってくるのが禁煙になります。タバコを吸っていると有害な物質を多く体の中に取り入れてしまうことになるので、将来的に生活習慣病を発症しやすくなります。

短期的には、そこまで大きな体の不調につながるケースは少ないですが、長期的になると次第に体が有害物質によって悪影響が出てきますので癌を中心とした生活習慣病になりやすいです。

特に中年以降になると免疫力が低下してきますから、タバコが原因で癌になる可能性が高くなります。喉頭がんや肺がんなどは、タバコが大きな原因になっていますし、その他の癌もタバコの有害物質が原因で発症してしまう可能性があるので、タバコを吸っている人はなるべく禁煙するというのがお勧めになります。

また、タバコは副流煙にも注意しなければいけないので家族など身近な人がタバコを吸っている場合は、タバコから出る煙を吸う機会が多くなるので、自分がタバコを吸っていなくてもタバコから出る煙を吸う環境下にいる場合は注意が必要です。

将来癌を含めた生活習慣病を発症するリスクを少しでも低くして健康維持に努めたいのであればタバコを吸わないという事をまずは考える必要があるので、タバコを吸っている人は特に考える必要があります。

内臓に害が蓄積するタバコはやめるが勝ち

タバコは百害あって一利なしといいますね。ストレスが溜ってイライラの解消が難しくて・・・とタバコに手が伸びてしまいそうになってもそこをグッとこらえることが大事です。

私はタバコを1日ひと箱吸っていました。だいぶ昔の話で、当時まだ若かったからなんとか元気でしたが、それから20年以上経った今そんなことをしたら大きな病気になってしまいそうで怖いです。だからイライラしてもムカムカしてもタバコは吸いません。

どうしても気持ちの持っていくところがなくて精神的に辛くなったらお酒を飲むことにしています。最近は缶チューハイの味も豊富でちょっとだけ気分転換として飲みたいときにいいですよね。気分が鬱々としたときはタバコではなくこういうものに頼っていいと思います。

タバコだけは吸わない方がいいのはタバコの害が身体に積もるものだから。ニコチンもタールも日が経てば身体から出て行ってくれるかもしれませんがその量は少しだけでしょう。肺にも大きなダメージがあるし積もり積もったタバコの害は内臓に溜るのです。

かっこつけたいとか大人に見せたいとかそういう子供っぽい理由でタバコを吸うこともやめた方がいいですね。タバコは百害あって一利なしですよ。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする