どうして野菜を多く摂ることが生活習慣病予防になるのか?

スポンサードリンク

スポンサーリンク


生活習慣病予防にどうして野菜が良いの?

健康維持のための生活習慣病予防には、食事に関する注意事項が色々と挙げられます。その中でも「野菜を多く摂りましょう」と良く言われますが、どうして野菜を多く摂ることが生活習慣病予防になるのかご存知ですか?

健康維持に野菜が良い

野菜を摂ることのメリットは、低カロリーで豊富な栄養を補給できるという点にあります。
野菜に含まれる栄養素の中には、お肉などに含まれているものも多くあります。

しかしこれらはカロリーが高く、体に必要となる栄養素分を食べようとすると、肥満のリスクも高めてしまうのです。このため、野菜を多く摂ろうと言われるのですね。

食欲がとまらない!という原因のひとつとして、体が健康を維持するために必要となる栄養素を摂取できていないという状態にあることが挙げられます。栄養が足りない=食事で補ってほしい、という体のサインが食欲につながってしまうことがあるのです。

野菜を多く摂り、体が必要とする栄養素をしっかり補給することで自然と体が満たされて満腹感を得られるようになります。バランスのよい食事というのは、体が必要とする栄養をきちんと摂れる食事ということ。

野菜を多く取り、健康維持

お肉の量を半減させて、野菜を増やしてみましょう。生活習慣病予防とともに効率的なダイエットに繋がりますよ。

一日一食で健康維持、好きなものを食べたいだけ食べていい!

一日一食なんて考えられない!そう思う人も多いのではないでしょうか?しかしこの飽食の時代、胃と腸を半日でも休めることは私たちの体に多大な恩恵をもたらします

過度の食事制限は身体に悪いといいますよね。もちろん同感です。栄養状態が悪いままで激しい運動をするなど言語道断。しかし1日2食を我慢すれば1食は好きなものを好きなだけ食べてもいいのならば話は別ですよね。

最近ではファスティングという言葉も定着してきて、食べ物を食べずに胃や腸を休ませることによってもたらされる効果が話題になっています。

しかし日常生活を送るなかで何日もファスティングを続けるのは難しいのではないでしょうか?そこでおすすめなのが1日2食を抜くプチファスティングです。

一食は好きなものを好きなだけ食べられるのですから、それを楽しみに過ごすことができますね。最初はお腹がすくかもしれませんが、慣れればその空腹感が心地良い感覚に変化していきます。

プチファスティングで、お通じは良くなり、肌あれが改善される人も!

ダイエットの他にも様々な嬉しい副作用があります。お通じはよくなり、肌あれが改善されると言う声も!食べ物を入れないことで胃と腸の環境を整え体に害のあるものを追い出してくれるのですね。

プチファスティングで健康維持

不思議と集中力も増していきます。全く食事を摂らないわけではないので、体力を失うことなく健康な体をつくることができます。体にたまった老廃物も排出されるのでスッキリ。ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする