スナック菓子で塩分や糖分の摂り過ぎた結果からの健康維持

スポンサードリンク

スポンサーリンク


美味しいお菓子の落とし穴、悪循環を引き起こすスナック菓子

健康維持のため、適切な食事を心がけている人は多いと思います。でも食事だけ健康的なものを食べていても駄目なんです。そう間食、おやつやおつまみ等、食事の時間以外に食べるものもかなり健康に影響があるんです。

間食自体には諸説あり、それが良いことなのか悪いことなのかは現代でも激しい議論が行われ結論は出ておりません。間食を利用したダイエットや、食事の回数を増減させる健康法など様々あります。

そしておやつとして人気の商品と言えばスナック菓子。もちろん私も大好きです!

健康維持とスナック菓子

サクサクとした触感に表面に塩分多目の粉末をまぶした食品ですが、科学的に見ても人の脳の快楽物質を上手く引き出すものなのです。一つ食べたらもう一つ食べたくなるように作られていて、食べると幸福感が得られます。

幸福感が出てくるならストレス解消になって健康にも良いかと言うとそうではなく、スナック菓子で得られるのは一過性の快楽であり、その後は健康に悪影響を与えることが多いのです。

原因は塩分過多と油分過多。塩や油を摂り過ぎると病気になってしまうのは周知の通り。幸福感を得られ、中毒性が高く、塩分・油分過多であるスナック菓子は、簡単に悪循環を引き起こしてしまう身近な食品ですので、自らの意思で食事量を制限しなくてはならないお菓子と言えるでしょう。

血糖値が高くなり、ついに糖尿病予備軍へ!

実は私、健康診断をするたびに血液検査の結果がよくありませんでした。

健康維持と血液検査

特にヘモグロビンAICの数値が高く、6.5といこともあり、かかりつけの先生からは、「数値を下げる努力をしてきなさい」と言われています。

先生によっては、この数値では、薬を出される先生も多いとか聞きますが、私のかかっている先生は、薬で下げればすぐに下がるけれど、自分で努力することが大切と思われているようです。友人に話したら、「そんな風に言ってくれるなんていい先生だね」と言われました。

もうこれ以上数値を悪くすることはできません。思い余って、糖質オフダイエットをすることにしました。

糖質オフダイエットで健康維持

朝食は、ブランパン1個、ブランパンはローソンから出ています。糖質が押さえてあるパンです。ヨーグルト、牛乳、リンゴ4分の1、昼食は、きちんと取るようにしています。

お昼はご飯を1膳食べます。ご飯が大好きなので、お昼は食べても良しとしました。そうしないと、続かないと思ったからです。

夕食は、毎晩お酒を飲んでいます。糖質オフの缶ビール1本と焼酎のお湯割り2杯、あとはたんぱく質、野菜中心に食べます。

健康維持に糖質オフビール

糖質オフダイエットを始めて、2か月過ぎました。間食も時々はしていますが、随分減ってきました。体重は1㎏減少しました。

健康維持に頑張ります

このまま、頑張って、次の健康診断までには血糖値が下がるように頑張りたいです。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする