肌荒れや自律神経失調症予防に出来ること。

スポンサードリンク




慢性的な荒れ肌の体質改善方法について

年齢とともに肌の体質が弱くなって荒れ肌に悩まされている方は多いと思います。実質私がその対象であり、冬場になると全身に赤みがさすだけではなく頭皮まで荒れ肌で非常にかゆくなってしまいます。

これを防ぐために日々実践していることがいくつかあります。まずはお酒や辛いもの、要するに刺激物を控えることです。どうしても新陳代謝が上がると肌が火照ることで痒くなってしまうのである肌を助長してしまいます。

そして1番私が良いと思うのは野菜を積極的に摂取することです。しかしながら必要な野菜を摂取するのは非常に難しいところもありますので、補い切れないところは野菜ジュースを飲むことでカバーするようにしています。

また、お風呂も非常に重要なポイントになると思います。熱いお風呂に入るとどうしても新陳代謝が上がり湯上がりはかゆくなってしまいますので、極力ぬるめのお風呂に入ることにしています。

そして、お風呂から上がった後はきちんと乳液を乗り込むことを忘れてはなりません。さらに、夜だけではなく朝起きた時にも同じように乳液を塗り込んでおけば荒れ肌をかなり抑えることができると思います。

冬場だけではなく乾燥が始まったタイミングから始めることがポイントになってくると思います。

筋トレで自律神経失調症が改善

私は自律神経失調症で頭痛や耳鳴り、食欲不振、全身倦怠感に悩まされていました。自律神経を整えるために規則正しい生活を送ることを心がけていたのですが、症状は治まりませんでした。そこで筋トレを始めようと思ったのです。

自律神経を整えるには運動が効果的だと聞いたことがあったので。他の運動も考えたのですが、筋トレは部屋の中で手軽にできるのでこれに決めました。

私がしたのは腹筋や背筋、体幹を鍛えるトレーニングです。仰向けになって足を上げたり、膝を立てて左右に倒したりなど、ネットで調べた体幹トレーニングを行いました。

筋トレを始めて1週間ほど経った頃でしょうか。今まで感じなかった空腹を感じるようになりました。胃薬を飲んでもあまり食べられなかったのに、モリモリ食べられるようになったのです。耳鳴りは続いてますが、頭痛もあまりしなくなり、全身倦怠感もなくなりました。

筋トレを始めたことによって自律神経のバランスが良くなったのだと思います。そしてうれしいことがもう一つあります。それはお腹周りのぜい肉が落ちてスッキリしたことです。ぜい肉が落ちるまでには3,4ヵ月ほどかかりました。体の調子も良くなって、シェイプアップもできて、筋トレを始めてよかったと思います。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする