健康維持・運動不足解消には自宅筋トレがおススメ!

スポンサードリンク

スポンサーリンク


【真実】自宅筋トレは一番お金のかからない健康法

運動不足はもちろん、腰痛の解消など様々な対処として筋力トレーニングは非常に有効です。

いわゆる「筋トレ」というとスクワットや腹筋や腕立て伏せなどを数多くやるというイメージがある方も多いと思いますが、今は考えた方が違って「少なくても良いから高負荷の運動をじっくりと辛くまでやる」というのが一般的です。

また筋肉痛になれば良いということもなく、汗をかくような運動を習慣付けるというのが何よりも大切なことになりますので、「辛くないトレーニング」の情報は数多く出回っています。

まずは一番の難関である、「筋トレを続ける」という習慣を身に着けることが大事なのですが、これも週に2~3回というペースでやるのを心がけるのが大切です。これが身に付くだけで健康的な面に意識が強く向いてくるはずです。

そして実際にやるトレーニングですが、1分間特定の動きを繰り返すような筋トレを習慣付けることをおススメします。中でも有酸素運動を合わせたような腹筋、腕立て伏せというトレーニング方法も動画で開設されているようなこともあるので、是非探してやってみましょう。

動画で筋トレ学ぶ、そして健康維持

私はこれをすることで汗をかく習慣ができたので、まずは体を動かすということが億劫にならない気持ちをつくることができました。

これにより、やる運動、出来る運動の幅も広がって、理想的な体を作ろうというモチベーションにも繋がるし、健康診断結果も好転したりと良い面しかなく、サプリメントやジムなどへのコストも発生することなく健康的な生活を手に入れることができたので、お金のかからない健康法としてもオススメします。

自宅で行なっている筋トレ方法

私は、自宅で筋力トレーニングを行っています。トレーニングジムなどに通わずに自宅で手軽に行える筋トレを実施しています。中でも特に全身の筋肉を鍛えることができるスクワットに力を入れています。

スクワットは膝を曲げて中腰になる態勢を繰り返します。足の筋力が鍛えられていきます。一気に回数を行うと続かないため1分程度のインターバルを設けて3セットほど毎日行っています。

健康維持にスクワットが効果的

器具を使わず手軽に行えるので自宅で実施しやすい筋力トレーニング方法となっています。スクワットだけでなく背筋も行なっています。スクワットと同様に器具を使わずに自宅でできるトレーニングで、床に寝そべって体を反らす事で背中の筋肉を鍛える事が可能です。

背筋についても1分間のインターバルを設けて筋肉を休ませながら筋トレを行なっています。トレーニングジムに通わず器具も必要無く費用も掛からないためメリットがあります。私は、健康のために筋力トレーニングを始めました。

筋トレ道具、健康維持に繋がる

運動不足や食事の影響で体重が増加してしまい健康的な生活習慣に直していくため始めたのです。それまで筋トレをしていなかったので数回行うだけで辛かったですが、徐々に慣れていくと回数もこなせるようになりました。

食事の見直しと筋トレによる運動不足の解消で健康維持、そして規則正しい生活習慣に戻せています。あなたもお金をかけずに筋トレで健康維持ライフを始めてみませんか?

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする