カモシカ脚を手に入れたデスクワーカーが行う健康維持

スポンサードリンク

スポンサーリンク


腰痛デスクワーカーが本気で筋トレした結果

私の仕事はデスクワークが中心なので、以前から腰痛に悩まされていました。そのため、なるべく椅子に座っている時の姿勢に気をつけていたのですが、なかなか状態を改善することができませんでした。

デスクワーカーの健康維持

そこで、ネットを使って腰痛の原因を調べてみると、筋肉が不足すると正しい姿勢を維持するのが難しくなるので、腰痛になりやすいということがわかりました。そのため、腰痛を改善するために以下のような筋トレを行うことにしました。

筋トレ(体幹トレーニング)始めて健康維持

まず、仰向けに寝て両膝を立て、その状態から2秒かけてお尻を持ち上げ、この体勢を3秒間維持します。3秒間経過したら最初の状態に戻し、同じ動作を10回繰り返します。

次に、仰向けに寝て両膝を立て、その状態から3秒かけてゆっくりと上体を起こし、3秒かけてゆっくりと元の状態に戻します。最初はこの動作を10回行っていましたが、現在では慣れてきたのでこの動作を20回行うようにしています。

次に、うつ伏せになって両肘を床につけ、足は腰幅に開きます。このトレーニングを『体幹トレーニング』といい。その中でも『プランク』と呼ばれています。

この状態から頭からかかとまで一直線になるように上体を起こし、この体勢を30秒間維持します。最初は30秒間維持するのも大変でしたが、現在では慣れてきたので1分間維持するようにしています。

体幹筋トレ、健康維持方法

以上の筋トレを行うようになってからはインナーマッスルが強化されたのか、以前より腰痛が大分良くなりました。そのため、腰痛にお悩みの人には以上のような筋トレをすることをおすすめです。また、筋トレをする時はなるべく筋肉が刺激されていることをイメージしながら行うのがポイントです。

足腰の強化は歩くだけでは頼りない

年齢が上がるにつれ筋肉量が少なくなり足腰に力がなくちょっとした荷物などを持ち上げる時も一苦労し仕事にも影響するので改善のため運動する様にしました。ジョギングや歩くことなどは手軽にできるのですが、時間がかかる割に筋肉量の改善にはならず効果もあまり感じませんでした。

やはり足腰の強化は筋トレのほうが早く結果が出ると思いジムに通うことにしました。有酸素運動はダイエットには向いていますが、筋肉をつけ体力を強化するには筋トレが効率的です。スポーツジムにはそれなりに負荷のかかる運動器具があり目的にあった筋トレが行えるのがメリットです。

健康維持と筋トレに速攻性を求めるならジム

足の筋肉でもふくらはぎや太ももは強化することで立ち上がる時も楽になり、生活する上でもとても効果的な筋トレになります。足腰を鍛えることにより、疲れにくく体力も長く維持できるので、やはり必要な筋肉量が不足するだけで生活に支障が出る物だと感じます。

ジムには定期的に行くようにしていますが、スクワットなどなら場所や時間を選ばず自分だけでできるので、やる気次第でいくらでも筋力は向上できるのです。

素人なのでアスリート並みの筋力になる事はないと思いますが自分の引き締まったカモシカのような足を見ると筋トレしてよかったと思うのです。

筋トレでカモシカ脚、健康維持

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする