生活習慣病予防と肥満予防には食事から考える

スポンサードリンク

スポンサーリンク


健康のために肥満を解消する事が大事

癌を含めた生活習慣病の大きな原因になっているのが肥満になります。お腹や内臓などに肥満が付き過ぎている状態であり、肥満になると血流に影響を与えたり、コレステロールの値も大きくなったりとあまり良い事がないです。

少しの肥満状態であればそこまで問題はないですが、かなりの肥満状態であればその肥満を解消していく必要があります。もし、肥満状態を解消しないと年齢を重ねるごとに生活習慣病を発症するリスクが高まり、中年の時に生活習慣病を発症する可能性が高くなります。

糖尿病や癌、動脈硬化など生活習慣病の中にはかなりの数の危険な病気があるので後で後悔しないために肥満を解消します。

肥満を解消する方法としては、適度な食事制限をしたり、毎日運動をするなど日ごろの生活で出来る事は多くあります。脂肪燃焼を助けてくれるサプリもあるのでなかなか痩せない人は活用します。

肥満に悩んでいる人で、どうしても自分で肥満を解消する方法が分からない人は医者に相談するのも1つの方法です。また、食事制限をしながらうまく栄養を摂取していくために栄養士に日ごろの食事の献立の部分で相談するのも良いです。肥満を解消するための努力をしていけば、肥満解消できる可能性が高まります。

食生活で注意したいプリン体の摂取

日々の食生活に問題があると、将来的に生活習慣病になるリスクは高くなりますが、注意しておきたい事の1つにプリン体の摂取があります。

プリン体は多くの食品に含まれており、特に海産物に多いですがプリン体を多く摂取してしまうと痛風になる危険度が増します。

痛風は尿酸値がかなり上昇する事で起きる病気ですが、痛みを伴いかなりきつい症状がでますので生活習慣病の中でも注意しなければいけないです。尿酸値を上昇させる1つの原因がプリン体であり、プリン体を多く摂取するとそれだけ痛風の危険度が増します。

特に初めから尿酸値が高めの人はプリン体が多い食品をなるべく控える事も大事です。もちろん、常にプリン体が多い食品を控えるというのは難しいですが、プリン体の摂取量をうまくコントールしていくと過剰摂取を避ける事が可能です。

プリン体は海産物に多く含まれている事が多いですが、ビールなどアルコール類にも多く含まれていることがありますし、海産物以外の食べ物にも多く含まれている食品はあるので自分で確認しておきます。

もちろん、プリン体が少ない食品やあまり多く含まれていない食品も数多くあるので、それらの食品をうまく活用して献立を考えると良いです。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする