筋トレするなら全体を鍛えよう。

スポンサードリンク




ここ最近の私の筋トレ活動内容です

はじめまして、まながつおと言います。30代も後半になりますが筋トレを始めたきっかけは些細な物で25歳の辺りでどこぞの金融CMで海水浴カップルの男性の割れた腹筋の体つきを見てああこれスゴイナ~って感じたのがそうでした。

とは言っても私は小中高とロクに運動なんてしたこと無いし得意という訳でもなかったので、基本ともいうべきランニングや5kg程度のダンベルトレくらいしかした事がありませんでした。

転機というべきなのが、遺跡発掘の業務で土嚢の積み下ろしを行ったり、自動販売機の飲料補充の補佐で業務用の飲料ケースを運んだり、年末の配送業務でお歳暮の配達を請け負った時などでした。

10kgや20kgの物など今の今まで持った事も無いような物ばかりで、全身が筋肉痛に見舞われ、次の日ろくに体が動かなくなるなんてこともざらにありましたね。

筋トレと一口で言っても目的や目標などによって多種多様に分かれます。健康向上と言っても、血圧を下げたいとか体脂肪を落としたいとかでしたら普通に摂取カロリー以上に体を動かせば十分だと思います。

重要なのは体の一部だけを鍛えてもあまり意味が無いと言う事でしょうか?私は最近ハンドグリップや懸垂などをしていますが、やればやるほど単に握力だけでなく、前腕から上腕二頭筋・三頭筋、そして肩、背中、胸、腹など結局上半身を万遍なく鍛えないといけないと思い知らされました。

人間の動作は骨や筋肉の大小もありますがそれぞれの連動によって成り立っているので都合よく一部だけ鍛えても意味が無いのです。鍛えたら鍛えたで維持するには常にそれだけの運動量が求められるので、余程必要性が無い限りは維持できる範囲で鍛えるのが一番だと私は思います。

私は寝たきりで老後を過ごすのはまっぴらなので、生涯外での活動に不自由をしない程度には体のあちこちを上手く活用しようと思います。と言っても冬の寒い中での野外での運動はあまりやりたくないので春や秋は結構動きますが夏や冬は室内で可能なトレーニングくらいしかしません。

それもそんなに積極的にとはいかず、動けたら動く程度ですね。youtubeやニコ動などであるのですが、格闘技選手が何百kgと言うバーベルを上げたりする事は出来ませんがパルクールやトレイルランニングをしている人が障害物を忍者のような軽やかさで走り抜けるのを見て憧れたりはします。

余談ですが何年先になるかは分かりませんがスキューバダイビングに興味を持っています。来年、暖かくなったら近海で素潜りでもしようかなと検討しています。水泳は体全体に万遍なく負荷をかける運動なので健康向上や体脂肪燃焼など注目を受けているそうです。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする