健康維持の秘訣は、肉体面と心理面の2つが重要だった。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


健康維持には肉体面と心理面が大事

病気になる原因は様々あり、病気になると、すぐに病院や薬で治そうと何かに頼ろうとします。

今の時代ならではだなと思うのですが、本来、人間には自然治癒力という能力が身体に備わっています。

健康は、大きく分けると、肉体(フィジカル)面と心理(メンタル)面の2つからなっています。肉体面では、食べすぎないということが重要です。

現代は1日3食が当然となっていますが、それでは消化にエネルギーが使われてしまい、体の修復には使われないようなのです。食事の時間だからと、空腹でもないのに食事することは、規則正しいという点では良いことですが、体にとっては良いことといえないのです。だから、1日2食が本来は理想的なのです。

ポイントは、食べる量を普段の量を維持しつつ2食に回数を減らす

1食抜いた後の食事では、どうしてもお腹が空いているのでついつい食べ過ぎてしまいがちです。食べる分量が3食分に比べて減るように気を付けましょう。最終的に2食分の量に減れば、健康維持だけでなくダイエットにもなります。

そして、心理面は、ポジティブな考えでいることはとても重要です。「病は気から」といわれるように、自分に健康だと言い聞かせ、ネガティブな事を口にしない事が大事です。

言葉には「言霊(ことだま)」といわれるような不思議な力があるのです。また、ガンになった人は、笑うことで治ったと聞いた事があります。笑うことは、免疫をアップさせる力があるのです。

このことにより、肉体面では「1日2食」、心理面は「ポジティブシンキング」でいるのが健康維持には最適なのです。

健康のためには自分自身の気持ちが大切

日々の健康維持のためには、規則正しい生活を心がけることが大切です。世間では、電子タバコが普及してきたため、街中でたばこを吸ってる方もやや少なくなってきましたが、その近くにいる方がその煙を吸ってしまう“受動喫煙”でも、健康を損なうことがあります。

“受動喫煙”とは?

“受動喫煙”とは、自分がたばこを吸っていなくても、他人の吸っているたばこの煙が風などに流され、呼吸する時に空気と一緒にそのたばこの煙を吸ってしまうことです。これが「受動喫煙」です。2020年の東京五輪では「煙のない五輪」を目指しているほど、たばこの“受動喫煙”による健康被害に注目が集まっています。

ですので、たばこを吸っている方の近くに子供を近づけないことが重要となります。

もちろんお酒もほどほどに

またお酒の飲みすぎも肝臓を傷めることもあるので注意が必要です。歓迎会・懇親会・忘年会などでお酒を飲む機会はいろいろありますが、そこでビールなどを一気飲みすると急性アルコール中毒になりかねないので、場の雰囲気に飲まれて無理をしないことが大切です。

毎日の食事の中で、肉や魚をバランスよく摂ることで、健康状態にも影響は出てくることはないので、偏った食事は控えることが重要です。若い方は体内の機能が活発に動いているので、修正しようとすることが出来るのですが、年を取ってくると機能が低下してくるので、自分自身で気を付けないと生活習慣病になったりするので気を付けることです。

過剰に摂取したりすると、体内の臓器にも影響が出てくることがあるので、臓器を痛めることがないように、1日に摂るカロリーを考えて食事をすることが大切です。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする