筋トレで体の改善を図っての健康維持

スポンサードリンク

スポンサーリンク


健康維持のために筋トレを取り入れた事がありますが、なぜ筋トレを取り入れたのかというと体の芯から改善したかったためです。筋トレをする事によって基礎代謝が上がり、太りにくい体になれる可能性がありますからちょっと肥満気味だった私にとっては良い改善方法だったのです。

どのような筋トレを取り入れたかというと家でもできるスクワットや腹筋そして腕立て伏せになります。特にスクワットは下半身を強化する事ができるので、体の改善にはお勧めの筋トレです。

筋トレをしてからすぐにはほとんど効果を実感する事は出来なかったですが、数か月ぐらいすると筋力が付いてきたのが分かりますし、次第にちょっとエネルギーの摂取量が多くても太りにくくなったのかなと感じるようになったのです。

消費エネルギー自体は高くないですが、筋肉を付けて太りにくい体にしていきたいのであればお勧めの方法です。また、筋力が付くと健康になってきているという感覚が出てきますし、重い物を持ってもそこまで体に疲労が蓄積されないようになったのです。

これから筋トレで健康維持をしていきたい人は、まずは自分が長く続けやすい筋トレを選択する事が大事ですし、体の負担を考えて最初は負荷が少ない筋トレをしていくのがお勧めです。

スロートレーニングで体脂肪を落とす

加齢とともに活動量が減り筋肉が衰え、代謝機能が低下すると肥満に繋がります。しかも、活動量は減っているのに、食べる量は若い頃とさほど変わっていなかったりします。そうすると、消費できるエネルギー以上に食べてしまうことになります。

こうして、体形が変わったことに危機感を覚えて、どうにかして痩せようとする人も多いと思います。そんな方にオススメのダイエット方法が、スロートレーニングです。

スロートレーニングとは、ゆっくりとした動作で筋肉を緊張させ続けることで、全身に酸素を運ぶ血流を制限するトレーニングです。これによって筋肉への酸素の供給が不足し、無酸素で動く「速筋」が運動に使われ、激しい運動をしたときと同様の効果を得られます。

要するに、通常激しいトレーニングで得られる効果を、比較的軽い負荷で手軽に得られるということです。軽い負荷だから、バーベルを揃えたり、ジムに通ったりする必要がなく、自宅で簡単にできます。

私自身、このトレーニングを始めて1ヶ月程度で、体重が減少しはじめ、身体のラインも変わってきました。とても簡単で、週2回程度誰でもやったことのある腕立て伏せや腹筋を正しいフォームで、ゆっくりとした動作で行うだけです。

詳しい内容については、少しだけ勉強する必要がありますが、運動の習慣が無い人にでも気軽にストレスなく続けられます。運動が苦手な人にも、ぜひオススメのトレーニングです。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする