健康維持の為のお酒との付き合い方とは

スポンサードリンク




お酒は百薬の長と呼ばれる位、そのメリットは多岐に上ります。あまりに気分が良い為に、ついつい飲み過ぎてしまうのが怖いところなのですが、その点にさえしっかり注意していれば、日々の癒しとモチベーションアップにも十分過ぎる程役に立ち、むしろ長期的な精神的な健康には無くてはならないアイテムと言えるのです。

そればかりでは無く、実際に身体的な健康面での効果が確認されているお酒もあります。例えば、赤ワインに多く含まれるポリフェノールはアンチエイジングや抗鬱といった効果が知られていますし、薬用酒には滋養強壮の効果が認められています。

これら身体に良いお酒を上手く日常生活に取り入れながら、決してアルコールに溺れず、かつ適度にリラックス出来る環境を整え、過ごしてゆく事が健康維持に欠かせません。

自分にとって適度な酒量を早目に把握し、なるべくそれ以下の酒量を守り続ける事が前提ですが、何かのイベントにつけ、どうしても羽目を外してお酒を飲みたいという欲求に駆られるケースは1年のうちに何度かはあるでしょう。

無理して酒量を守る事も大事かも知れませんが、それでは人間関係も全く面白くなくなってしまうもの。むしろこの場合、飲み過ぎてしまった後、あるいは飲みそうなシチュエーションとなった時のフォローが大切になるかも知れません。

アルコール分解を促進させるアミノ酸を多数含んでいるトマトやトマトジュースを飲み会の最中に上手く取ったり、肝臓の働きを促進する梅干しのおかゆを食べる等して、上手く乗り切ると良いでしょう。

また健康において重要な事は多くありますが、アルコール依存状にならないというのも大事になります。

お酒を飲む事自体は適度であれば1つの楽しみでありますし、お酒が好きな人にとってはお酒を飲んでストレス解消などの効果もあるので趣味程度にお酒を飲むというのはあまり問題ないです。

しかし、適度の範囲を超えてアルコール依存症になってしまうと、お酒を飲む量が増えて肝臓に大きなダメージを与えてしまう可能性があります。お酒を飲み過ぎると肝臓に負担がかかり、肝硬変や最悪、肝臓がんなどになるリスクもあるのでアルコールの依存度が増さない事があなたの健康において大事です。

週に1回から2回ぐらいにして、さらに1度に飲む量も少なめにしておくと健康においてはあまり問題が起きない可能性が高いです。

アルコール依存症は知らないうちになってしまう可能性があり、自分は依存している感覚がなくても周りから見るとあきらかに依存している状態になっている可能性もあり、お酒の向きあい方に注意しなければいけないです。

肝臓に問題が起きてからですと、後悔してしまうのでお酒を飲む機会が多い人はアルコール依存症になるべく注意してうまく飲む量をコントロールします。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする