生活習慣病に対する対策

スポンサードリンク

スポンサーリンク


生活習慣病は、不規則な生活習慣を繰り返す事で発症します。がんや糖尿病など様々な病気になるリスクが潜んでいます。まずは、喫煙ですが健康への影響が非常に大きいです。肺がんのリスクも大きくなるため禁煙対策をする事が予防への第一歩となります。

次にアルコールですが、適度な摂取は良いですが過剰に摂取する事でアルコール依存症になるリスクが高まります。節度のある飲酒を心掛ける事が大切です。

次に運動不足ですが、デスクワークの仕事の方の場合は、運動不足になりがちです。一週間のうちにウォーキングやジョギングといった有酸素運動を取り入れる事で運動不足を解消する事が出来ます。積極的に運動をする事が生活習慣病のリスク軽減となります。

次に栄養も非常に重要でバランスの取れた食生活をする事が大切です。栄養のバランスの良い献立メニューを考えると良いです。特に塩分や糖分の摂り過ぎは禁物です。野菜や果物、大豆類などバランスの良い栄養素を摂り入れる事が大切となります。

睡眠不足も体に大きな影響を与えます。一日、6時間から7時間の睡眠を毎日取れるように過ごす事が大切です。以上が生活習慣病を予防する為のポイントとなります。正しい生活習慣に改善する事で病気になるリスクを抑えられます。

また栄養バランスが悪く偏った食事を続けたり、上記のように運動不足、タバコやアルコールの摂りすぎなど、悪い生活習慣の積み重ねにより引き起こされてしまうのが生活習慣病です。

高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病は放っておくと心筋梗塞や狭心症、脳卒中などの命に関わる疾患を引き起こすかもしれません。そうなる前に食事療法や運動療法を実践したり、生活習慣の見直しをすべきです。

バランスのとれた食事、適切な摂取カロリー、三食きちんと食べる事が大切です。塩分は控えめにするようにして、お酢などを活用すると良いですね。外食は高カロリーなものが多いですし、肥満につながってしまうので避けましょう。

運動は急に無理して始めると挫折してしまうので、体に大きな負担がかからない有酸素運動が良いでしょう。ウォーキングやサイクリングが始めやすいと思います。夜は遅くまで起きないで十分な睡眠をとるようにして、朝は早く起きて運動をすると気持ちが良いものです。

ストレスと生活習慣病はつながりがあるので、普段から趣味を持ちストレスを上手に発散できるようにしましょう。タバコやアルコールは適度に摂取するのは良いですが、過度な飲酒は控えるようにした方が良いですね。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする