栄養の摂取のしかたについて

スポンサードリンク




入れる栄養より出す栄養を

人間、生きるためには何か食べていかなくてはいけません。だから、何を食べるのかに関心が集まるのは当たり前のことだと思います。これこれの食材にはビタミン何々が多く含まれているのでボケ防止に効果大。がんにならないためにはこれを食べろ。このような調子で情報が氾濫しています。

しかし、見落としていることがあります。それについて、ポイントになることを簡単に紹介します。

まず、身体に入れる栄養のことばかり、情報があふれていますが、それを消化、吸収、排出するために身体がどれほど負担がかかるのかということについて、いわば身体から出す栄養のことをなぜ考えないのでしょうか。

すなわち、胃腸に高負荷な負担をかける食材を日常の食生活からできるだけ減らしていくことがとても重要です。もちろんたくさん食べ過ぎることも問題です。例えば、血もしたたるような牛肉ステーキや焼肉バイキングレストランでたくさん食べるのが大好きという方いませんか。

お腹いっぱい、身体も満足、というのは間違いです。肉が胃腸で消化、吸収されるためにどれだけ時間がかかり、しかもとても負担がかかることをご存知ですか。加齢とともに内臓の機能も衰えてきます。人間の宿命です。だからこそ、出す栄養にももっと関心を払っていただきたいのです。

調べれば、いくらでもわかります。出す栄養のことも日常の食生活で留意してくださればと思います。

新型栄養失調ってどんなもの

栄養失調という言葉は知っていますよね。では、新型栄養失調ってご存じでしょうか。これは最近若い人に増えているという栄養失調です。

たんぱく質やビタミン、ミネラルが不足している事が多く、食べていると思っていても必要な栄養素が全く摂取できていないというもので、筋力の低下や集中力の低下、眠れないなど様々な体の不調があらわれてきます。

無理なダイエットによる栄養失調ともまた違い、偏食による栄養失調になります。中には動くのがおっくうになり休みは1日中ゴロゴロしてしまうという人もいるようで、新型栄養失調への注意が必要と警鐘されています。例えばこんな食生活していませんか。

1日の食事はお菓子だけ、大好きなものを連続で食べ続けている、お肉やお魚は食べない、野菜は食べない、夜に沢山たべて朝と昼は食べない、ビールが主食、他にも例はいくつかありますが、このようなカタチの食事内容だと確実に栄養バランスが崩れています。

それを何とかしようとするなら、やはりバランスよく食べましょうになるのですが、なかなか食べる時間が無いというなら、サプリメントも活用してみましょう。特にミネラルとビタミンのサプリメントは基本のサプリとしておすすめです。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする