1日5食に増やして健康生活

スポンサードリンク




痩せて健康になろう!モデルみたいな細い身体になりたい!と思って、食事を抜いて痩せたことのある人は多いと思います。しかし、食事を抜いて体重を落とす行為は健康から離れていく行為です。

食事を抜いてダイエットをするとリバウンドしやすい

食事を抜いて体重を落としても、それは余分な脂肪が落ちたのではなく、身体に必要な筋肉や骨が小さくなり、その結果体重が落ちています。さらにリバウンドの可能性も増えます。

人間は長くお腹が空いた状態で食事を取ると、普段より多くのカロリーを摂取するように消化します。これは、次にいつ来るかわからない食事に備えてたくさんのカロリーを蓄えようとするからです。さらに、急な食事の影響で血糖値が急激に上昇します。その後、身体が血糖値を下げようとたくさんのホルモンを放出して、急激に血糖値を下げます。

これにより、やる気の低下や眠気に襲われる「血糖値スパイク」という症状が現れます。その為、1日3食が健康的と言われていますが、理想的な食事回数というのは5回だと思います。そんなに食べて太らないかと思われる方がいるかと思います。

しかし、食べる回数を増やして、一回の食事量を減らすことで総カロリーを等しくします。これにより急激な血糖値の変化をなくし、太りにくい身体に変化していくと思います。

帳消しダイエットを知っていますか?

また皆さん、最近話題のダイエット方法、ご存じでしょうか。
帳消しダイエットという方法です。この方法、食事制限をしなくても痩せられると話題です。でも食事制限無しってなかなか成功率低そうなイメージがありますよね。

帳消しダイエットでは、食べたものにさらにカロリーをプラスして帳消しするのですが、この際に選ぶものが、代謝を高めてくれたり、不足している栄養素を補ってくれることで体の機能を正常に活動させてくれて、結果として痩せやすい体質へと変えていくという方法になります。

栄養バランスが悪いと、体の機能も正常に働かなくなります。そうなると代謝は落ちますし、便秘にもなります。むくみなども出やすいです。帳消しダイエットでは、バランスよく栄養素を摂取するという点に注目していますので、食べたものにカロリーを加えたとしても太るのではなく痩せやすくなるというのです。驚きの事実ですね。

カロリーを制限すれば痩せられるという訳では無いのです。少ししか食べていないつもりでもそれぞれがカロリーや糖質、脂質の多いものであれば当然太ります。栄養バランスの良い食事は本当に大切です。帳消しダイエット、リバウンドしやすい人はぜひ取り組んでみてください。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする