生活習慣病の予防に日頃から注意しておくべきこととは?

スポンサードリンク

スポンサーリンク


がんは遺伝的な原因であることも多い病気ですが、実際には日頃の生活習慣が影響していることも非常に多いのです。がんを予防するには生活習慣を改めていけば、発症率を大幅に下げることが可能です。がんの予防に日頃からできることをまとめてみました。

✔ たばこ

喫煙者にがん患者が多いのは周知の事実です。ニコチンは体内に入ると細胞組織を壊してしまってがん化させる大きな要因となります。長期間喫煙している人ほどがんのリスクが高くなるので、すぐにでも禁煙した方が良いでしょう。

さらに付け加えれば、受動喫煙にも注意です。他人のたばこの煙をとにかく吸わないようにきをつけましょう。

健康維持のためにたばこは辞めよう

✔ 肥満

肥満は百害あって一利なしです。そもそも肥満ということは日頃の食生活が乱れていたり極度の運動不足が日常化している状態ですから、ダイエットして適正体重にすることが重要です。体重維持は健康維持の基本です。

健康維持には運動が良い

✔ 運動不足

運動不足が続いている人は活性酸素の排出が難しくなり新鮮な酸素が細胞の一つ一つに送り込まれないため常に酸素不足になってしまい細胞の劣化が激しくなり、それががん化してしまう可能性が高まってしまうのです。毎日30分でも良いのでなんらかの有酸素運動を継続することが重要です。

お酒

飲むこと自体は決して悪いことではありません。ほどほどにしましょう。

健康維持にお酒はほどほどに

✔ 食生活の乱れ

食事は基本、野菜や魚を、大豆製品などを中心とした献立にしましょう。できるだけ米やパン、パスタ、うどんなどの炭水化物を最小限摂取量にとどめ、また塩分の取りすぎ、砂糖の取りすぎに注意しましょう。

健康維持には食生活のバランスが大切

✔ 定期的に検診を

定期的な検診を受けましょう。早期発見が早期治療の第一歩です。からだの不調・異常を感じたらできるだけ早く受診するようにしましょう。

健康維持のため、定期検診を

以上のポイントに留意して日々の生活を送る習慣をつけていけば、がんの予防に大きく繋がっていくはずです。もちろん正しい知識を学ぶことも大切ですね。

大豆で女性ホルモンアップ。さらにガン予防も?!

日々の生活の中で大豆製品をみなさんどれだけ食べることができているでしょうか。肉と魚のタンパク質は多く取りがちなのです。しかし、大豆タンパク質は不足しがちで豆腐、大豆、納豆、厚揚げ、高野豆腐、おからなど意外と毎日は食べてないという方も多いのではないでしょうか。

大豆製品は健康維持食品

大豆にはイソフラボンが含まれており、女性ホルモンに似た作用をするとのこと。従って大豆製品を積極的にとると肌が綺麗になったり、生理不順が落ち着くのです。最近は大豆を粉にしたような製品も出ているので、ハンバーグに混ぜたり、水に溶かして飲んだりと手軽に大豆タンパク質がとれるようになってきました。

大豆を多くとる人は血圧も低い傾向があると言われていますので、歳を取るごとに大豆製品の摂取量は増やしていくべきではないでしょうか。また、大豆に含まれる成分にはガン予防に効果があるものがあるみたいです。毎日味噌汁を飲む人は飲まない人に比べてガンの発症率が低いそうです

女性は歳を取るごとに女性ホルモンが減っていくのですが、大豆を積極的に取ることで女性ホルモンが減ることによっておこる骨粗鬆症や更年期障害を防ぐこともできると言われています。

大豆はタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維も多く含まれており完全栄養食品とも言われているので、積極的に取ることで栄養バランスも整います。毎日の食事にぜひ大豆製品を積極的に取り入れて健康を目指しましょう!

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする