【健康維持のコツ】長生きの秘訣は「やや飢餓状態」?

スポンサードリンク

スポンサーリンク


長生きの秘訣は「腹八分目」

健康維持のコツは腹八分目の食事から

よく健康番組で聞く話でもありますが、マウスの実験によると、食べ過ぎは老化を加速させてしまいます。とくに糖質をとると一気に血糖値が上がる他、AGEという、糖質が多く含まれている食べ物に含まれる成分が肌や身体の老化を早めてボロボロにしてしまいます。確か、腹八分目かそれ前後の「やや飢餓状態」を保った方が長生きすると証明されています。

なのでいつもお腹がパンパンになるまで食べてはいけないということです。もう少し食べたいという気持ちが残っている間に食べることをやめなくてはなりません。お腹というものは食べた後にだんだん膨れて行くものなので、腹八分目の食事でも最終的には満腹に近い状態に達することができるはずです。

『食べ過ぎたッ』と思ったら、、、

食べ過ぎたと思った後には時間をおくしかありません。例えば昼間にたくさん食べ過ぎてそれを身体が感じてしまったら、夕飯は思い切って抜くのも手です。そしたらその間に食べた食べ物が消化され、いずれ再び「飢餓状態」が訪れることになります。

寝るときにお腹が空いたと思うかもしれませんが、一晩の我慢です。これで次の日にはリセットされています。もちろん最初から食べ過ぎに気をつけることが一番ですが。とにかく満腹になるまで、或いはもっと酷い場合は苦しくなるまで食べ続けてはいけません。早く老化して寿命も早く来てしまいます。

お腹いっぱいは健康維持の観点からオススメできない

健康にはやはり食べ物が必要不可欠です、そのため栄養のあるものを食べてしかも効率よく食べることが健康には欠かせないものなのです。

『前菜』意味とは?食べる順番も大切です。

ビタミンなどは野菜から摂ることが大切でありただ食べれば良いと言うことではありません、食べる順番も考えなくてはならないからです。普通に食事をしていれば栄養が取れると思うことがあるかもしれませんが食べる順番もあるのです。

前菜とも呼ばれるのはこのためであり野菜を一番に食べなくてはならないのです、これは野菜をはじめに食べることで栄養を取ることが可能でまた胃の負担などを減らすこともできるのです。

肉などをはじめに食べることよりも野菜をはじめに食べてバランス良く食生活を変えるようにすることで健康になることができるのです。

大量の水分補給は、体調不良の原因につながる?!

実は水を飲みすぎるのはよくありません、たくさん飲むことは大切ですが飲みすぎることで「水中毒」になってしまい、かえって体に負担がかかることがあるからです。

「水中毒」という言葉をご存知ないかも知れません。「みずちゅうどく」と読みます。

30度を超すような猛暑日には、こまめな水分補給が必要と思い込んではいませんか?

一度にたくさんの水を飲み過ぎてしまうと自分の身体を危険に晒すことになる可能性があることが分かっています。薬局屋さんで、「経口補水液」という飲み物を見かけたことはありませんか?最近はテレビのCMでも宣伝され、脚光を浴びています。

「経口補水液」って何?

「経口補水液」とは、食塩とブドウ糖を混合し、水に溶かした飲み物です。脱水症状だけでなく水中毒の対策としても有効です。人間の体液に近い成分なんです。

ナトリウム濃度はスポーツドリンクの2~4倍ほどで、水分だけでなくナトリウムを適切に摂取することができます。

大量に水だけを飲んでいては、むくみなど出てきてしまいあまり有効では良くありません。

このようなことから食生活の改善は必要でありしかも食べる順番は大切なのです。健康維持とは、食事と向き合い体に栄養を取り入れていく事が大切です。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする