アルコールによる体への悪影響

スポンサードリンク

スポンサーリンク


健康維持

アルコールと肝臓のリスク

健康維持のためにお酒をやめるって難しいですよね。通常飲みすぎなければ問題はありませんが、飲みすぎた場合の健康リスクご存じでしょうか?お酒は中性脂肪を増やしてしまいます。血液検査では高脂血症と診断されますし、肝臓では脂肪肝と診断されます。

高脂血症も脂肪肝も痛みもなく症状がでない為に、楽観視すれば大変な結末を迎えることになります。動脈硬化であったり、肝硬変ですね。沈黙の臓器とも言われる肝臓が、肝硬変まで進んでしまったら大変です。命にかかわってきます。ただ肝臓はとても丈夫な臓器でもあります。普通の方は数日間禁酒すれば健康な状態になるとまで言われています。

ですので健康維持のため、理想的には週に2日は禁酒し肝臓を休ませるのがよいと思います。節酒は量が減ってもお酒を飲んでいる以上、肝臓働いてますので。

それでもどうしても禁酒できない方は、節酒だけでもしたほうがよいでしょう。そしてゆっくり飲むことも大切です。お酒だけを飲むのではなく、おつまみをとることもアルコール過多になりすぎずにすみますが、何をつまみにするかによってはカロリーが大変なことになるので要注意です。

適量ならば問題のないお酒、生活習慣病にならない為にも、過剰摂取のリスクを理解しておくことが大切です。

お酒のがぶ飲み厳禁!飲んだらコレをしましょう

暑い季節も過ぎて一気に寒い季節がやってきました。急な気温の変化に体調を崩してしまった方も多いのではないでしょうか?一度体調を崩してしまうと「ああもう少し体調管理しっかりしとけば良かった」と後悔しがちです。

それだけでなくこれから徐々に「忘年会」というイベントがスケジュールに入ってきます。

忘年会でも最低限の健康維持をするには?

1年の疲れを払うための大騒ぎシーズン到来。自然と飲食が進んでしまいます。そうなると気を付けなければならないのが自身の健康。どうしても普段より摂取量が増えてしまうので年明けに体の変化が起こってしまっても不思議ではありません。その増えてしまう摂取物の一つに「お酒」があります。

飲み過ぎた翌日は健康ドリンクを飲んだり、「当分は飲酒量を減らそう」と反省を試みたりされる方も多いかもしれませんが、そのように0か100かでやると却って体に悪影響を及ぼす恐れがありますよ。

お酒を飲んだらその量以上に「水を飲む」

飲酒自体は決して悪い行為ではありません。単純に「飲み過ぎないように」ということがポイントです。「とは言っても飲み過ぎてしまうものは仕方がないよ」と仰る方は、お酒を飲んだらその量以上に「水を飲む」ようにしましょう。

翌日2日酔いしてしまうといった人も普段よくされていることですが、アルコールを摂取したら必ず水を飲むようにしてなるべく体から多く排出することが大切です。水をたくさん飲まないといけないとなると自然とお酒を飲む量を控えられる人もいるのではないでしょうか?

経験済みですが、お腹に入らないというのにそれでも大量の水を飲まなければならないというのはかなりしんどいですからね。大量のお酒に溺れて翌日以降に辛い気分を味わうか、大量の水をなんとか飲んで翌日以降に不要な疲れを残さないか。あなたはどちらを選択しますか?

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする