健康維持には食生活コントロールが必須!

スポンサードリンク

スポンサーリンク


もしも健康でいたいなら、食生活のコントロールは欠かせません。それは単に痩せればいいということではなく、身体の不具合を招かないよう健やかに過ごすために必要だからという理由です。

では、どんなふうにコントロールすればいいのでしょうか。それは簡単に言うと腹八分目です。食べ過ぎは万病の元となるので注意が必要。また、身体の不具合は多くの場合、元を辿ると「消費量よりも摂取量が上回っている」というポイントが問題になっています。

極端に言えば、「何を食べるか」ということよりも先に「どれくらい食べるか」ということを見極めたほうがいいということ。例えば、身体にいいシリアルだからと好きなだけ食べたとします。

ビタミンバランスも整っていて、ミネラル摂取もできます。さらに牛乳と一緒に食べればカルシウム補給もできるので一石二鳥。ただし、この「好きなだけ」がネックです。なんでも食べ過ぎれば、毒となります。

反対に、「今日はあまり動いていないから」とコンビニのおにぎりを1個だけ食べたとしましょう。おにぎりなんて糖質そのものと否定したくなる気持ちもわかりますが、不要なエネルギーを摂取されるよりも実は身体は喜んでいるのです。

いつも少しだけ空腹を感じるくらいが健康維持には最適。そんな食生活を意識していれば、間違いなく元気でいられます。食生活で大事なのが自分の好きなものを好きなばかり食べないことです。

健康維持のためには、食生活も大事なものです。日々の食生活が乱れていたり、栄養が偏っていたりすると中年以降になると生活習慣病になりやすいので若い時から食生活について考える必要があります。

注意してほしいのが、自分が好きなものばかり食べないという事です。例えばお肉料理が好きだからお肉料理ばかり食べて、野菜や魚をほんとど食べない状態になると、当然栄養が偏ってしまいますし、お肉の食べ過ぎは脂肪を増やしたり、腸の状態を場合によっては悪くしてしまう可能性があります。

その結果、癌を発症しやすくなったり、動脈硬化などにも注意が必要になります。自分の好きな料理が多くあり、あまり食事の内容が偏っていなければあまり問題はないですが、自分の好きな料理が少なくて、その料理ばかり食べていると確実に栄養が偏るので、自分の好きな料理ばかり食べずに他の料理も食べていくようにします。

栄養が偏らないことが大事ですので、多くの食品をバランスよく食べていく事が一番必要な事です。場合によっては、苦手な食品を食べなければいけない場合もありますが、苦手な食品も調理方法を工夫すればうまく食べられる可能性がありますから料理の知識を学ぶ事も大事です。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする