質の良い睡眠をとるためにしていること

スポンサードリンク




健康を維持するためには質の良い睡眠をとることが大切なので、私は質の良い睡眠をとるために以下のようなことをしています。

38度くらいのちょっと温めのお風呂にゆずの香りがする入浴剤を入れ、そこに30分くらい入って心身をリラックスさせるようにしています。ただし、眠る直前にお風呂に入るとなかなか眠れなくなってしまうので、なるべく眠る2〜3時間前までにお風呂に入るようにしています。また、入浴後には軽くストレッチをするようにしています。入浴後にストレッチをするようになってからは寝つきが良くなりましたし、多少ではあるものの肩こりも改善できました。

以前はご飯を食べた後すぐに眠ることがたまにあったのですが、そうすると翌日の朝に胃がもたれたり、目覚めが悪かったりするので、これは質の良い睡眠がとれていない証拠だと思いました。そのため、現在では食事はなるべく眠る2〜3時間前までに済ませるようにしています。

私はお酒が好きなので以前はお酒を飲んだらそのまま寝てしまうことがよくあったのですが、そうした場合も翌日の朝に胃がもたれたり、目覚めが悪かったりするので、現在は眠る2〜3時間前までに飲酒は切り上げるようにしています。また、以前はお酒を飲むことでストレスを解消していましたが、お酒を飲み過ぎると睡眠の質が下がる原因になるそうなので、現在ではなるべくお酒を飲む量を減らし、その代わりに美味しいものを食べることでストレスを解消することにしています。

これまでは眠る前にパソコンでニュースや動画などを見ていたのですが、眠る前にパソコンの画面を見ていると頭が緊張状態になり、睡眠の質が悪くなるらしいので、現在はなるべく眠る前にパソコンを使わないようにしています。一時期は眠る前に読書をしていたのですが、現在は眠る前に目をつぶってリラックスできる音楽を聴くようにしています。この方が目が疲れないですし、気持ちも落ち着くので、以前より寝つきが良くなったような気がします。

これまで使っていたマットレスは腰が沈んでしまっていたので、朝起きると疲れがとれていなかったり、腰が痛くなったりすることが度々ありました。そのため、質の良い睡眠をとるために体圧分散力が高いマットレスに買い替えました。新しいマットレスは私にはかなり高額でしたが、以前より寝つきも目覚めも良くなりましたし、腰が痛くなることもなくなったので、買い替えて良かったと思っています。

以上のことを行うことで質の良い睡眠をとれるようになったので、以前より体調が良くなりましたし、仕事にも集中できるようになりました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする