後ろ姿を若く見せる筋トレトレーニング法

スポンサードリンク




筋トレは道具を使わないものであれば、自宅でも空き時間を利用して行うことができます。
そのため、わざわざ外出して運動する必要がないので、天候に関係なくできるのも続けやすい理由だと思います。

健康維持は長続き出来る運動を選ぶのが秘訣

健康を維持するために運動を続けるためには、できるだけ続けやすい方法を選ぶことが大切です。筋トレは短時間でも大きな効果を発揮するので、非常に効率の良い運動法だと思います。

私が普段やっている筋トレは腕立て伏せや、ダンベル運動などです。最近はさらにヒップアップ効果が期待できる、片足スクワットのような運動も加えました。

それは片足を椅子の上に乗せて、もう片方の足を曲げたり伸ばしたりする筋トレです。最初はすぐに太ももが痛くなってきましたが、何度かやっていくうちに痛みも無くなってできるようになりました。

ヒップアップに効果バツグンの筋トレ方法

実際にヒップアップしているのかはよくわからないのですが、それでもお尻や太もものあたりが引き締まってきたのではないかと思っています。それがわかるのは自分の動きが早くなり、歩く時も早足で歩けるようになったことです。

脚力が弱るとお尻がたれる

脚力が弱ってくると同時にお尻が下がりやすくなってしまいます。年齢を重ねると、さらにその頻度が大きくなってしまいます。後ろ姿は自分ではわかりにくいものです。しかし、人の後ろ姿はどうしても気になってしまいます。

確かに高齢になってくると、お尻が四角くなってきたり、長くなってしまいます。そしてお尻の肉が垂れ下がっているので、パンツを穿いた時にそれが目立ってしまいます。

南米人のようなプリッとしたお尻は無理としても、やはりお尻が長くなるのは避けたいものです。何もしなければ重力でお尻はどんどん下がっていってしまいます。

足を使った運動でお尻が引き締まります

しかし、毎日足を使って運動することで、お尻も引き締まっていきます。時々、後ろ姿が若々しくて、振り返ると意外と年齢がいっているのが分かって驚く場合があります。

出来れば後ろ姿も、前から見た姿も実年齢よりも若そうに見えたら一番良いですが、せめてまずは後ろ姿から変えていければと思っています。

アンチエイジングを意識して生活している人が増えて来ています。そのため、今後は後ろ姿の見た目年齢が若い人も増えていくのではないかと思っています。

高齢になっても姿勢が良く、颯爽と歩いている人は素敵に見えます。そういう人が多くなれば良いですし、自分もそうなっていきたいものです。

そのためにも普段から手軽にできる筋トレを続けて行きたいです。
特に気になる部分を集中的に鍛えられるのも、筋トレのメリットだと思います。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする