筋トレで猫背が治り姿勢が良くなった!

スポンサードリンク

スポンサーリンク


小さいころから猫背気味で、いつも親から「背筋をピンと伸ばしなさい!」って指摘されてきました。一応、言われた時だけは背筋を伸ばすのですが、そんなのはその場しのぎでしかなく、5分もすれば結局はいつものだらんとした姿勢に戻っていたものです。

子供の頃からずっと猫背でいることが楽だった

なんというか、背筋を伸ばした状態でいることがものすごく(体力的に)辛いんですよね。なので、大人になるまでずっと猫背気味の姿勢で生活してきました。

猫背はいけないこと?

小さいころは、猫背の何がいけないのか全く分かりませんでしたし、なんなら背筋を伸ばした状態の方は体にとっては悪いんじゃないか、なんて思っていたほどです。何せ、背筋を伸ばした状態でいることがとても辛かったですからね。そう思うのも無理はないでしょう。

ただ、中学、高校と大きくなるにつれて、やっぱり猫背は良くないという事に気づき始めます。

見た目が悪い「猫背」の姿勢

まず単純に見た目がもの凄く悪い。なんというかこう、自信が無さそうに映るんですよね。また、猫背だと変な太り方をするんです。例えば、顔、お腹、太もも、お尻、こういった部位にやたらと脂肪がつきやすく、かと思えば他の部位はやたらと細かったりするんです。

なので、体全体のバランスがものすごく悪くて、洋服も自分にピッタリのモノには一度も出会ったことがありませんでした。

こういった症状の根源はやはり猫背に違いありません。というわけで、猫背改善のためにいろいろと対策を講じることになったのですが、その際一番効果的だったのが、何を隠そう筋トレだったのです。

猫背を治せた「筋トレ」の方法

具体的には腹筋運動と背筋運動を繰り返した結果、常時背筋を伸ばした状態をキープできるようになったのです。以前何かの番組で、「腹筋と背筋のバランスが保たれていれば、きれいな姿勢をキープできる」という趣旨の情報を聞いていましたが、あれはどうやら正しかったようです。

おかげさまで姿勢が良くなり、それに伴って顔、お腹、太もも、お尻のサイズも適正値に近づき、バランスのとれた体型を手にれることが出来ました。また、身体も疲れにくくなった気がします。

以前までは、椅子に座るとき、必ず背もたれにもたれかかっていましたが、今では、そんなことしなくても全然平気です。デスクワークを長時間こなさなければならないときにも、背もたれは全く使っていません。

腹筋と背筋でうまくバランスを取り、背筋をピンと伸ばしていた方が楽なのです。このように、腹筋と背筋というのは、人間が生活するうえでとても重要な筋肉なので、日頃から鍛えておいて損はありませんよ。

ちなみに私は腹筋と背筋、それぞれ10回ずつ・3セットを日課としています。これくらいの運動量が今の私にはちょうどいですし、あまりにもムキムキになるのも嫌なので、今後もこの程度の回数を続けていきたいと思います。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする