運動音痴の私が夜のジョギングで健康的な身体に

スポンサードリンク

スポンサーリンク


学生の頃から運動が苦手で、授業の中では体育が一番嫌いでした。とりわけ球技のセンスの無さと言ったら・・。自分でも嫌になるほどの下手さで、周りに迷惑が掛からないよう、常に端っこの方でひっそりと息をひそめていたなあ。

とまあ、そんな根っからの運動音痴の私ですから、部活動は常に文科系に所属しており、この先も運動を自発的にすることは絶対に無いと思っていました、が、この年(38歳)になって、なんとジョギングをしている自分がいます。

しかも、もうかれこれ1年ほど続けられており、去年は地元のフルマラソンにも参加したほどです。ちなみにタイムは一流のランナーが3時間を切る(サブスリーと言います)のに対して、私は5時間少々。まだまだ一流ランナーになるのには時間がかかりそうです。

ですが、健康面で言えば、かなり向上しているんです。

例えば、それまでは慢性的な便秘に悩まされていましたが、今では毎朝しっかりと出せるようになっています。

「食」に関しても、ちょっと食べればすぐに胃腸が痛くなっていましたが、そんなことも過去の話。今では、茶わん2杯くらいペロリです。

睡眠の質も格段にアップしていて、朝まで一度目覚めることなくグッスリです。

それよりなにより単純に基礎体力がアップしており、少々の距離なら歩きか、もしくは自転車で移動するようになりました。それまでは、自宅からわずか500メートルほどのコンビニでも車で行っていたことを考えると、相当な進歩じゃないでしょうか。

性格も以前に比べると随分活発になった気がしますし、本当にジョギングを始めて良かったと思っています。ちなみに、ジョギングに出かける時間帯ですが、夜の7時半から8時半くらいが多いです。

食後の適度な運動は本当に気持ちがいいですし、夜風を受けながらそして好きな音楽を聴きながら走るのは最高です。人間は幸せを感じるとセロトニンという脳内物質が分泌されると言いますが、多分ジョギングをしている間、それが分泌されているのではないでしょうか。

それくらい、気持ちが良くて、爽やかで、晴れやかで、幸せな気持ちになれます。

美容面での効果も大きく、適正体重が保たれていますし、肌コンディションもかなり向上しています。抜け毛も減りましたし、体臭も軽減しました。

このようにジョギングをすれば、いろんなところに好影響が現れるので本当におススメです。確かに最初は面倒に感じるかもしれませんが、だまされたと思って1週間続けてみてください。そのころには、習慣としてすっかり定着しているでしょうし、なんならサボる事に対して、何とも言えない”うしろめたい気持ち”になりますよ。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする