痩せる為に、夜更かしを止めてこんにゃくを食べる!

スポンサードリンク




恥ずかしながら、私は体重が100キロを超えていました。医者からもこのままでは健康に被害が出ると言われ、何とか改善しようと一念発起することにしました。

まず第一に実行したのが、間食の改善です。今まではジュースを飲みアイスやクッキーを食べ、という調子でした。しかし現在では、空腹に耐えかね間食する場合でも0カロリーのナタデココなどを使ったゼリーを食べるようにしています。もちろん、ジュースなど飲みません。計算したところ、これだけで600キロカロリー程摂取カロリーが減らせることに気が付いたときには戦慄したものです。

その後に食事全体のカロリー計算です。今までは毎食1つは揚げ物のメニューがあったのですが、揚げ物を週に1度に制限しました。同時に、揚げる代わりに揚げ焼きにするなどの手段で味をなるべく落とさないようにしました。元々食べることが好きな性分ですので、味が落ちると継続できないだろうと判断したためです。加えてこんにゃくなどカロリーの低い食品を多く摂取することで、空腹を抑えられるだけ食べてカロリーを抑えることにしました。これらによって今まで4000キロカロリーほど摂取していたものが2000キロカロリーまで減らすことが出来ました。

加えて、夜更かしすることを止めました。夜中に体内で出る成長ホルモンが脂肪を分解すると聞いたためです。これまで夜中の3時程まで起きていたものを、遅くとも12時には寝る生活に改めました。

最後に、毎日一定時間に体重を測定し記録しました。ダイエットには効果的と聞いたためですが、実際わずかでも成果が目に見えるというのは嬉しかったです。

これらの成果は3週間ほどで明らかになってきました。まず、今までのベルトの穴だとベルトが緩い、という事態が発生しました。更に、今まで下を見ても自分のお腹しか見えなかったのに、今では足下が見えるのです。当然、体重も目に見えて落ちてきました。今では90キロを切るところまでダイエットに成功しています。

特にこんにゃくを食べるというのは有効な手段でした。食前に煮物にしたこんにゃくを1パック分(こんにゃく単体は20キロカロリーもないのです!)食べ、お茶を飲むだけでその後の食欲を随分抑えることが出来ます。

また、夜更かしを止めるのは思わぬ副次的な効果もあり、夜が早くなると自然に朝も早く起きられるようになり、目覚まし時計が不要になりました。しかも目覚めがスッキリとしており、頭がぼんやりしたり昼間に眠たくなったりすることも無いのです。おかげで活動的になり、ますますダイエットに拍車をかけることが出来ました。

皆さんも食事制限は難しいかもしれませんが、こんにゃくを食べて早寝するだけなら簡単ではないでしょうか?ダイエットしたい方、是非実践してみてください!

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする