野菜をたくさん食べるように意識

スポンサードリンク

スポンサーリンク


野菜をたくさん食べましょうといわれていますが、以前の私はあまり野菜を食べていませんでした。理由は調理が面倒なことと、野菜を買うと食費がかさむからです。

しかし、今は野菜をたっぷりと食べています。野菜をたくさん食べようと思ったのは、野菜摂取量が多い人は認知症になりにくい、野菜は食物繊維が豊富で便秘予防や改善によい、といったことを聞いたからです。健康を意識するようになって、野菜をたくさん食べるようになりました。

野菜をたくさん摂る生活を始めたばかりのころは、調理が面倒だったので、電子レンジでチンして温野菜にして食べていました。温野菜を作れる電子レンジ用の容器があって、そこに切った野菜を入れて電子レンジにかけるだけで温野菜ができます。これなら火加減や加熱時間を気にする必要がないので調理が簡単です。野菜を洗う、切る、容器に入れる、電子レンジのスイッチを押す、これだけで調理ができます。シンプルに蒸しただけの野菜でもおいしいです。

サラダもよく食べています。野菜を洗って切るだけなので、とっても調理が簡単です。シンプルだから野菜そのものの味がよくわかります。農薬や化学肥料をたくさん使っている野菜は苦みがあっておいしくないのですが、丁寧に栽培された有機野菜は甘味があっておいしいです。季節によっても野菜の味が違って、ほうれん草や小松菜など冬が旬の野菜は冬に甘味が増します。とっても簡単に作れるサラダですが、野菜の栽培方法や季節によって味が違い、野菜そのものの味を楽しんでいます。

野菜をたくさん食べるようになってから、風邪を引きにくくなりました。以前は冬になると喉が痛くなったり鼻水がでて鼻づまりがひどかったのですが、今はまったく風邪を引きません。ビタミンCをたくさん摂ると風邪を引きにくくなるというので、野菜を食べてビタミンCを摂れているからかなと思います。

それからお通じもよくなりました。以前から毎日お通じはあったのですが、野菜をたくさん食べるようになってからは、さらにスッキリと出るようになりました。

野菜をたくさん食べようと思っても、調理が面倒で食べられない方は少なくないと思います。調理が面倒なようなら、週末など時間があるときにまとめてゆでて冷凍庫で保管をしておくと、食べたいときに食べられて便利です。それも難しいようなら、冷凍野菜を活用するのもいいと思います。冷凍野菜は栄養価が高い旬の時期に収獲しているそうです。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする