眠りやすい快適な温度にするため

スポンサードリンク

スポンサーリンク


健康的な生活に欠かすことができない事の一つに睡眠がありますが、眠りにつく入眠前は特に慎重になります。何か悩みや考え事などを睡眠前にするのは眠れない原因となりますので極力読書やリラックスできるクラシックなどの音楽を取り入れて睡眠するようにしております。

それ以外に入眠するにあたり障害となっている事が温度です。部屋の温度はエアコンで一定の温度にしておりますが昼間が暑かったりすると屋根からの微熱が伝わるせいかいつもより温度を下げないといけなくなったりして空調に気を使い眠りにくい状態になってしまうのです。

冬も寝る前にトイレに行く際に寒さで目が冴えてしまいやはり入眠が遅くなる傾向です。起きている間はそこまでの温度差はあらゆる器具を使いこなすことによって快適な温度で生活できるのですが、寝る前に関して言えばたとえエアコンのリモコンを操作するにしても目が冴える場合があるので注意が必要でした。

睡眠するに当たり寝具にもこだわりを持っているのですが高級なほどよいのではなく、色々なタイプの掛け布団や毛布シーツなどを使いこなし、暑い夏や寒い冬、寒暖の差が激しい春や秋、梅雨時など安定する温度や不安定な温度気候にも対処できるようにさまざまな寝具をそろえ、いざとなったら足元に置いておいてすぐにかけ直せる状況にしていざ眠りについても目がさえないようにしております。

やはり夏は薄めの布団や肌掛けの毛布がよいですがあまりにも軽すぎると体が安定しにくく、エアコンの寒さが強い時のことを考えるとある程度熱めの布団のほうが夏は快適に眠る事ができます。秋冬などは厚めの布団が好まれますが足先だけあたたければよく、上半身は薄めのほうが寝汗もかきにくく快適に眠る事ができました。

ただしアンカのようなもので温めると代謝機能が変化してより眠りにくくなってしまうので基本的には毛足の長い毛布などをうまく利用して睡眠する事が眠りやすいのでした。枕元には薄めの毛布などを置いておき、まくらの高さを変えるために使ったり横向きに眠る際に腰や肩にあてることにより眠りやすい体制ができるので一年を通しておいております。

このように色々な毛布や布団を用意して使い分けるには準備が必要ですが、いざ眠るときに用意するのではなく脳が活発な時に準備することで眠る前が楽になるのです。このように準備して眠りにつき朝になり熟睡したと実感できると良い一日の始まりを迎える事ができるのでやはり睡眠はとても大事なのだと思っております。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする