快適な睡眠を得るために実践してる簡単に出来る3つのこと

スポンサードリンク

スポンサーリンク


私は45歳の男性ですが、睡眠障害で悩んでいます。原因は18歳〜30歳ぐらいまでの、生活サイクルの乱れが原因だと思います。この頃は寝る時間がもったいなく、自宅に居てるのは3.4時間程度でした。

帰宅は午前3.4時は当たり前、寝るのは5〜7時の二時間(徹夜や30分以内の睡眠もしばしば)という生活を10年以上してましたからね。こういう生活を送ってるうち、寝ようと思っても眠れなくなってました。

若い頃はこういう生活でも問題なかったのですが、年と共に辛くなってきました。食後にものすごく眠たくなる、汗をすごくかくといった症状が出て困りました。自分でも睡眠時間の少なさをなんとかしないと・・と思い、睡眠を得るために色々工夫しました。

・テレビはつけっぱなしで寝る

これは今は亡き祖母が実践してたのを真似た方法です。テレビ等の音声があると、逆に眠りにくいのでは?と思いますよね。私もそう思ってました。でもそれは興味のあるテレビ内容の時だけです。

例えば恋人の好きな映画を一緒に見に行くも、退屈のあまり途中で眠ってしまって恋人に怒られた・・なんてあるあるですよね。また興味のない音楽を聴いてる時もすごく眠たくなりますよね。今の私はクラシックとか大好きですけど、子供の頃は聴くと眠くなったものです。

要するに興味の無い話を見聞きすると、ものすごく眠たくなるってことなんです。そこで私も興味のないテレビ番組をつけっ放しにしてます。こうするとすぐ眠たくなるんです。テレビつけっ放しって電気代もったいないんんじゃ?って思うかもしれませんが、今のテレビは大体人感センサー付です。人がいないと判断したら自動的に電源offとなるので、電気代は気にしなくてもいいんです。

・タオルに包まれて眠る

これは私の性癖によるものが大きいので、万人にお勧め出来る方法ではないと思います。
私は子供の頃からタオルが好きで、触ってると落ち着くんです。

自分でも変わってるなって思うのは、ふんわりした新品のタオルではなく、使い古したガサガサのタオルが好きなんです。ですので睡眠時にはタオルを数枚用意し、タオルに包まれて眠るようにしてます。

横を向いて寝るなら、顔の上下に一枚ずつ、首元に一枚って感じで三枚使って顔を覆うようにして寝てます。

その代わり洗濯は面倒です。一日肌に触れてるとガサついたタオルもナヨっとしてしてしまいますからね。翌日には洗濯して干さないといけません。ですので使い古したタオルを10数枚ストックしてあります。

・室温は快適に

そしてもう一つ、室温の管理です。暑すぎても寒すぎても眠れません。特に日本は湿度が高いですから、暑くなくても寝にくいってことありますよね。そこで私はGWから11月まで、エアコンはつけっ放しで寝てます。10月ぐらいから夜はヒンヤリしてくるので、室温だけで考えたらエアコンなんて必要ありません。でも湿度を下げるため、私はエアコンを入れて眠るようにしてます。

上記3点を実践し、睡眠を取れるように工夫しています。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする