あなたの睡眠は大丈夫?毎晩良質な睡眠を取る方法

スポンサードリンク

スポンサーリンク


元睡眠不足で辛かったわたしが、睡眠の取り方を変えた理由

私は毎日の生活の中でも、もっとも睡眠を重視しています。

健康維持に睡眠は大切

睡眠を十分に摂るようになってから、昼間の作業効率がかなり良くなりました。

以前はいつも睡眠不足で、疲労を抱えながら、効率の悪い作業をしていたような気がします。その原因はやはり睡眠不足のために、頭と体が上手く働きませんでした。睡眠よりも仕事や他のことを優先してしまい、忙しくなると睡眠を真っ先に削っていました。その結果、作業効率はどんどん下がってしまい、それがストレスになっていきました。

睡眠不足は健康維持にマイナス

睡眠を十分に摂るようになったきっかけは、睡眠不足で体調が悪くなってしまったからです。私は今まで早起きが健康のために必須なことだと思っていました。

早起きは三文の徳!?早く起きればいいワケでは無かった

確かに早起きは三文の徳と言われ、健康にも良い影響を与えると思います。しかし、早寝早起きであれば健康的な生活ですが、遅寝早起きでは逆に不健康な体になってしまいます。

早起きして早くから行動することが良いと思っていたので、そのために睡眠不足になってしまった時は、分割睡眠を摂るようにしていました。しかし、結局変な時間になかなか熟睡はできませんし、予定がずれ込んでくると、2回目の睡眠が摂れなくなってしまうこともありました。

そこで睡眠だけは時間に関係なく、十分の摂ろうと思いました。多少寝坊しても、朝起きた時に疲労が取れて、スッキリとした目覚めであることが条件です。

それでも時々睡眠が足りなくて、睡眠不足を感じたまま起きてしまうことがあります。その日はやはり作業効率が落ちてしまいます。

眠気覚ましにコーヒーでも回復出来ない

眠気を覚ますために、いつもより濃いコーヒーを飲んだりしますが、根本的に疲労が完全に回復していないので、いつもの調子にはならないようです。

私はさらに日中の作業効率を上げるために、昼食後に数分でも横になるようにしています。体を横にして目をつむるだけで、まったく寝てはいないのですが、これだけでも体が回復するようです。

また、就寝前にストレッチを行うと、さらに眠りに就きやすくなります。

ストレッチで良質な睡眠、健康維持

数分程度のストレッチですが、布団の中で行うので、そのまま眠りにつくことができます。

睡眠は部屋の灯りとも大きな関係があるようです。私は徐々に部屋を暗くしていき、寝る時は完全に照明を消します。

その時にカーテンを開けておくので、外の灯りが部屋に入ってきて、ちょうど良い明るさになります。時には月明かりが部屋に差し込むので、かなり心身とも癒された状態で眠ることができます。

朝はいつも眩しい朝の光で目が覚めます。

健康維持は自然な明かりを浴びること

部屋がかなり眩しくなるので、カーテンで調整してから起床しています。私は今後もなるべく自然に添った睡眠を心がけて行きたいと思っています。

いかがでしたでしょうか?お金が掛からずすぐに出来ることですので、良かったら試してくださいね。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする