【ジム通い不要】長続きする運動と健康的な食事の方法とは?

スポンサードリンク

スポンサーリンク


筋トレするのにジム通いしなくちゃ健康になれないの?

健康の為に絶対筋トレしなくちゃならないのでしょうか?

健康維持に筋トレは必ずしも必須ではない

結論から言えば、そんな事はありません。激しい筋力トレーニングを毎日やり続けなくてもより良い生活を送ることはそんなに難しいことではありません。

そして健康維持のためにはコンビニ食を一切断って自然食品のみで自炊しないとダメなのか?というとこちらもそんなことはありません。

最も身体に良くないのは、筋トレしないと筋力がどんどん無くなって不健康になって病気になって早死にしてしまったらどうしよう!とかコンビニ食を食べてばかりだと身体の中に化学物質が蓄積して・・・など精神的にマイナスイメージなことばかり考えてしまうことです。

では、一体どうすればいいのか?わたしが具体的にやったことがある、今でも続けていることをご紹介します。

それはウォーキングとにんにくを食事に取り入れたことです。そもそもどうしてそんなことを意識するようになったのか、といいますと明らかに体力が落ちてきたからです。

ちょっと小走りになったら、階段を登ったら、ということで息切れをするようになりましたので、さすがにこれは運動をした方が良いであろうと体感しました。

ということで色々と調べまくって始めたわけです。

調べまくった結果、筋トレよりも最初にすべき運動はウォーキング

健康維持の為にやること、というのは本当に色々とありますが、自分には確実に運動が不足がたたっていることが自覚できていましたから、高い費用を支払ってジム通い、何ていうことは考えませんでした。

最初は運動不足のわたしが徐々に慣らしていくことが出来る運動は何かを調べて行きついたのが、ウォーキングでした。

健康維持にはウォーキングがいい

一応、一日の目安を決めて行いました。それが一日3キロメートル以上、ということを課して、今ではしっかりとできています。歩くだけですから、そこまで大変ではないのですが暇ではあります。

景色を見ながら、というのを最初はやっていたのですが、すぐ飽きてしまいます。ですから、MP3プレイヤーで音楽を聴きながらやっています。これで多少、暇ではない、少しは楽しみながら歩くことができるようになりました。意外とお勧めできるやり方です。

自然食品を買い漁るより3日坊主でも損しない事から試した

食事についてなのですが健康維持のためにわたしが取り入れられることから少しずつ始めようと考えました。

それは精力がつくもの=健康維持につながる、という発想で、具体的には休みの前には“にんにく”を食べるようにしています。

にんにくが色々と体によいということですから、これを積極的に食べています。それと健康に関する部分なのですが私は尿酸値が高目であるというのが前々から気になっていたことですから、そうした意味でもにんにくは良かったです。

意外と知らない“にんにく”の効能

にんにくの効能をご存知ですか?

実はかなり尿酸値を下がる効果があるらしいからです。但し、胃腸が荒れやすいこともありますから、事前に飲み物を飲むようにしています。こうしたことによって、活力が出やすくなっているのは確かでした。

もちろん、具体的な数値が出ているわけではないのですが、まず自分から考えますと良かった、周りの方にもオススメできると思っています。

健康維持の食事ににんにくがオススメ

ウォーキングはいつどうやって毎日続ける?

運動に関してですが毎日やるようにしていますが習慣づけるコツとしては駅を一つ前に降りることです。朝早くから、というのもありですが、その後の活動に支障が起きることが多かったので私の場合は夜にやっています。

寝れば体力がある程度は回復するからです。朝からやる、というのは個人的にはきついので夜に体力を使いきり、その後寝て回復する、ということを繰り返してました。

いかがでしたでしょうか?個人的にはウォーキングからやるのはかなりハードルが低いので続けやすくておすすめです。しかもお金がかからないし、普段気付けないお店や景色など、きっと新しい発見があると思います。興味が湧いたら今日から試してみてくださいね。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする