健康維持には、ブルーライトカットして入眠を良くすることが重要

スポンサードリンク

スポンサーリンク


質のいい睡眠にはベッドに入る前からの準備が大切

質のいい睡眠のためにはベッドに入る前からの準備がとても大切だなと思っています。

質のいい睡眠で健康維持
というのも睡眠は副交感神経が優位になった状態が続かないと快適な眠りができない、つまり寝ていても脳が休まっていないことになってしまいます。

だからこそベッドに入る前からの行動を気をつけることで副交感神経を自然と優位にさせたまま、入眠することができます。

そのために気をつけているのは、ブルーライトを浴びすぎないということです。ブルーライトはテレビ画面やPC画面、蛍光灯などから発せられるものです。太陽の光にも含まれているので、恐らくひのブルーライトを浴びていない人はいないのではないでしょうか。

なぜブルーライトが快眠を邪魔するのかというと、海の色が青であるように青の光はほかの色に比べて遠くまで届きます。そのため目からその刺激を受けやすく、脳の興奮状態を生みやすいのです。だからこそブルーライトを寝る前に浴びすぎないのは大切です。

とはいってもベッドに入る前にテレビを見たり、PCやスマートフォンでメールチェックをする習慣をなくすことは難しいでしょう。そういった娯楽をなくすことで、逆に睡眠前にストレスをためこんでしまうことがあります。

健康維持には寝る前のスマホに注意

ですからブルーライトを浴びないではなくて、浴びても大丈夫なような状態に防衛するのが睡眠の質を守るためとても必要なことです。

ではブルーライトを防御するにはどうしたらいいかというと、まずテレビやPC、スマートフォンなどにブルーライトカットの機能がついている場合これを有効にします。

またこれがついていない場合は画面の明るさを暗く変更するだけでも、発せられるブルーライトの影響が減少します。最初は暗い画面に慣れないかもしれませんが、目が慣れてくるのでさほど気になりません。

それから部屋の照明も明かりを調節できるものは暗めに設定する、また暖色系の明かりに調光できるものはそちらにシフトするといいでしょう。また同時に夕方から寝る前までは、ブルーライトカットができるめがねをかけることがおすめです。

寝る前のブルーライトカットで健康維持

最近では視力が悪い人もブルーライトカット効果があるレンズもあるので、元々めがねほかけているからブルーライトカットのめがねは使えないという人でも、気軽にかけることができるようになっています。

快眠は健康の維持や向上に欠かせません。だからこそブルーライトという副交感神経を優位にさせにくい状態を阻止することで、よい睡眠がとれて健康的な爽やかな朝を迎えられます。

健康維持継続して目覚め爽やか

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする